駐車場.jp

首都圏の月極駐車場マップ・検索サイト

掲載件数:38657

愛車の賢い選び方について

未分類

愛車の賢い選び方について

今回は、愛車の賢い選び方についてご説明したいと思います。

結論から申し上げると、

価値の下がらない車が最強

なのです。

今回ご紹介する選択肢の一つとして、

  • ~新車で購入しても価値が下がらない車両~

新車で購入しても価値が下がらない車両ですが、

  • ・トヨタ ランドクルーザープラド
  • ・トヨタ ランドクルーザー
ランドクルーザープラド
ランドクルーザー

フェラーリなどもプレミアがついて上がると思われがちですが、新車価格がそもそも高いのと、経過年数によっては値崩れし、値崩れした際の損失は大きいです。

しかし、ハイパーカーと呼ばれるモデル(パガーニ、ブガッティ)などは例外になり、希少価値も高く新車よりも高くなりますが、そもそも庶民で買えるような車両ではありません。。

※過去のブログで説明しています。

実はランドクルーザー系は輸出(アジア・中東)需要があり、年式によっては新車を上回る可能性があります。

先ず、ランドクルーザープラドから見ていきますと、

新車ですと、493万円と約500万円になります。

中古市場は様々ですが、例えば3年落ちの約2万キロ走行しているランドクルーザープラドですが、車両本体代で468万円になります。

3年で約30万円なので、1年間で10万円下がることはわかります。

下記のデータは一部ですが、綺麗な状態をキープできると新車価格をキープできます。

ランドクルーザープラド中古データ

次にランドクルーザーを見てみると、新車価格は811万円になります。

ランドクルーザー 新車データ

中古市場を見ると、2年落ちですと、760万円となり、約50万円購入時よりも下がり、1年間に25万円下がることがわかります。

ランドクルーザー中古データ

それぞれ比較すると、ランドクルーザープラドの方がコスパが良いことがわかります。

これは一例ですが、年間10万円で高級車であるランドクルーザープラドに乗れるなんて最高ですよね?

ここでポイントは車検を通さず乗り、売却することです。

新車は車検を受けるまでの期間が3年間あります。

そのため、3年以内に売却することと、売却する時期もできる限り自動車メーカーの決算に近い1月~3月に売却することが良いです。

3月末で決算を迎える業者も多く、中古車も新車市場も動きやすいです。

そのため、この辺りで購入、売却を行うといいかもしれません。

大袈裟かもしれませんが、是非年間10万円で乗るランドクルーザープラド計画を考えて見てください笑